類似性~あなたと私、似てるよね。

自分のまわりには自分と似ている人ばかり

 

今回は『類似性』についてお伝えします。

 

似たもの夫婦、似たもの同士、類は友を呼ぶ。

 

こういった言葉はよく耳にしますよね。

 

人間は自分と似たものに好意を持つ。

 

これが類似性の原理です。

 

あなたはどんな人と一緒にいたら、居心地がいいですか?

 

あなたに安心感を与えてくれる人って、どんな人ですか

 

あなたは学校で、どんなお友達と行動していますか?

 

あなたの気の合う人って、どんな人ですか?

 

あなたはどんな相手に恋心を奪われますか?

 

ぜひ、ご自分のまわり、過去の人間関係、分析してみてください。

 

会話が弾む、趣味が似ている、考え方が近い。

 

人間は相手との共通点に癒されます。

 

似たもの同士で時を過ごすことに、ほっと安心感を抱きます。

共通点探しは便利

 

コミュニケーション上手なあなた。

 

目の前に知らない人。

 

どんな会話をしますか?

 

おそらく共通点を見つけようとしますよね。

 

共通点が見つかったら、ブワーッっと会話がはずみます。

 

「ああっ、私この人と気が合うわ❤なんて話しやすいのかしら。緊張しないし、ノンストレスだわ♪」って心の中にお花が咲きます。

 

共通点探しは、本当にコミュニケーションの役に立ちます。

 

人間誰しも、否定されることを嫌います。

 

否定されたら腹が立ちませんか?

 

すぐさま否定する人って、避けたいし離れた~い、マジで。

 

否定専門の人に実力はありません。

 

考えや意見の合わない人・グループ、もしもこんな空間に自分がいたら、ストレス半端ないです。

自分目線を捨てて、相手の心に寄り添う

 

ただ、社会集団の中で生活する人間は、類似性を求めるばかりでは生きていけません。

 

社会は、数えきれないほどの多種多様な人間であふれています。

 

似ている又は同じ考え・感覚の人、好きな人だけをそばに置くことはできません。

 

“みんな違っている”を理解しなければ、生きにくいのです。

 

以前もお伝えしましたね。

 

相手とコミュニケーションをとる際は、自分目線を捨てましょう。」

 

これはルール。

 

人間は、ひとりひとり違います。

 

私は靴を売る人。

 

接客するときは、完璧ではありませんが、自分目線を捨てるようにしています。

 

自分目線、自分の物差しで相手をはかると失敗します。

 

私は自然体の接客を心がけています。

 

完全は逆に怪しまれます。

 

専門用語も使わないようにしています。

 

お客様を分析しつつ、考えや気持ちに寄り添い、尊敬と感謝の念を持って接客しています。

 

これ、相手に伝わります。

 

素晴らしいお買い物のお手伝いをすることは、販売員の役割。

 

お客様に合わせて共に楽しく、好きな商品を気持ち良く買うという目的に向かって、共にゴールするのです。

 

相手に合わせる=嘘をつく場合もあります。

嘘をつかない人間はいない

 

私の記憶に残っている、某恋愛ドラマのセリフがあります。

 

「素敵な嘘をたくさんつこうじゃないか。」

 

うわぁぁぁ、大好きすぎるセリフ❤

 

嘘は悪い事、だけではありません。

 

嘘が人を助けることだってあるんですから。

 

嘘をつかない人はいません。

 

あなたも毎日、どこかで誰かのために、素敵な嘘をついているんです。

 

相手に喜びのプレゼントを与えているんですよ。

 

そして経験を積めば、あなた又はみんなが嫌いな相手に、上手く合わせることも平気になります。

 

私は横柄なお客さんには、はっきりと態度・言葉・行動で示すこともあります。

 

いちいち気持ちは揺さぶられません。

 

場数を踏むって素晴らしいですね♪

 

どうしてこんなに図太くなったんだーっ!!

 

以上。

 

類似性いかがでしたか?

 

これもやっぱりバランスですね。

 

類似性の原理を上手く利用して、相手の心をつかんでください。

 

この原理は恋愛・ビジネス、何でもいけます。

 

それではまた次回。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

はじめまして、Navyです!ネイビーと呼んでください! 紺色が大好きな女性です。 みなさまどうぞよろしくお願いいたします。