不眠を克服した私が勧める自然に眠るためのたった3つの方法

みなさんこんにちは!NAVYです!

12月は私の本業の繁忙期であり、なかなかパソコンと向き合う時間がなく、お久しぶりの投稿となりました、、どうぞよろしくお願いいたします。

今回は、私が不眠を克服した方法を解説します。

 

2017年、不眠に苦しみ本当に辛かった3ヶ月、どん底まで落ち精神が破壊しました。

心が狂い涙も出なくなった。

感情が消えた。

苦しくて息ができなくなった。

ただただ怖かった。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ところがある時光が差してきました。

だんだんと心が明るくなっていきます。

「あれ?朝だ!私眠ったんだ・・・(喜)」

3時間、4時間、そして5時間眠れるようになっていく。

睡眠の快復と同時に、不安やパニックも無くなりました。

「うそ?7時間寝た!すごい♪」

私は不眠を克服できました!

医者には行きませんでした。

3ヶ月かかりましたが、治りました。

 

ではでは、私がどうやって治したのかについて記事にしましたので、以下ご覧ください。

不眠を克服した3つの方法です!

それではどうぞよろしくお願いいたします。

 

座禅の力

 

 

私は、不眠を克服するために毎日座禅を組みました。

夜、最低30分間組みました。

朝、仕事に向かう前にも組みました。

人間って慣れるんですよね、、習慣化すると当たり前に30分は余裕で座禅を組めるようになります。

初日なんて10分でアウトでした、、足もしびれちゃって(笑)

 

最初の頃は、座禅を組んでいても頭の中は常にぐちゃぐちゃで、なかなか集中できませんでした。

不安やパニックはしつこいので、座禅を組んでいても襲ってきました。

でもこれら全てを受け止めるのです。

強引に頭の中を無にしようとしないで、ただただ「今」を感じるのです。

これ重要!

頭の中を無に、真っ白にするのは難しいので、とにかく「今」この一瞬を感じるのです。

不安やパニックに襲われている今、食べ物の事、人間関係、、、浮かんでくる全てを感じ、これらを「今」として感じ続ける。

頭の中にいろんな考えがよぎっても、無理に消す必要はなく、そのまま漂わせればいいのです。

座禅は無になることが目的ではなく、とにかく「今」という意識をすることが大切なのです。

徹底的に「今」を意識する。

これでいいのです。

 

実は、不眠を治すために行うこの座禅という方法、プロの心理学者に教えていただいたものです。

なんとかしてこの状況から抜け出したい私は、勇気を振り絞ってとある方Rさんに連絡をとり、直に教えていただきました。

この方、、名前はまだ出せませんが、日本一実力のある心理学者であり、人間的にも優れている、素晴らしい方です。

いったいどれほどの数の人々を、心で救っているのか!?って思います。

私が世界一尊敬する大好きな心理学者です。

ちなみにメンタリストダ〇ゴではないです、、この人心理学者ではありません。

それにこの人って実は、、これ以上は言えない・・(汗)

話し戻します!

いつかお名前を公表しますね✨

°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°(笑)

 

しかし座禅って、本当に素晴らしい。

脳の機能やホルモン・その他もろもろ、全て回復するのでしょう(笑)

リフレッシュ☆

すんごいクリアになります!

脳もクリア、精神も安定しクリア、だから心も体もクリアになる。

こればかりは、組んでみないと分かりません!

リアルに感じることができますよ。

ぜひ、目は半眼で足を組み、手をアンテナにして1日30分、座禅を組んでみてください。

座禅の効果は実証されていますので、安心してください。

決してオカルトではありませんから。

 

自己暗示

 

 

 

ウツ病になったら薬を飲む?

心の調子が狂ったら薬を飲む?

この薬って、人間を破壊する毒ですよね。

 

私は心理学者のRさんに次のように教えていただきました。

恋をしていたあの頃を思い出してください。

はじめて人を好きになった。毎日好きな人を想い、頭から離れない。

どうしてなのか、とても胸が苦しい、苦しくて切ない。

この気持ちを抑えるために、あなたは薬を飲みましたか?

飲みませんでしたよね。

 

これと同じです、心の病とは。

心の調子が崩れたからといって、決して薬を飲んではいけないのです。

「思いは思いで治す」

 

この「思い」とは、自分への語り掛けです。

Rさんは自分に対する語り掛けの大切さを教えてくださいました。

 

以下Rさんの教え↓

NAVYさんは「早く治したい、早く完治したい」と自分に語り掛けていますが、それ自体が自分に対して「自分は今完全ではない」と言い聞かせて状態と同じです。

まずは「自分は調子がいい、何も困っていることはない、最高で愛のある生活をしている」と言い聞かせる必要があります。

これは一瞬にできることであって、いかに自分を信じるかにかかっています。

座禅をし、ひたすら「今」の自分を意識すると、不安や心配は全て幻であって、自分が作り出していると自覚することができます。

心の闇は確かに存在しますが、そこに行きつくのは、すべて自分自信が「幻」を本物としてとらえるからなのです。

以上

 

私は、毎日「自分は調子がいい、何も困っていることはない、最高で愛のある生活をしている」と文章を声にして自分に言い聞かせ、語り掛けました。

不安や心配が襲ってきたら、自分に語り掛けました。

バス停、会社、家、どこでも自分に語り掛けていました。

眠れるか不安な時、この文章を声にしてお布団の中で自分に語り掛け、いつのまにか眠りにつきました。

そうしていくうちに、不安や心配に襲われることはなくなり、いつの間にか治っていきました。

これ本当に効果のある自己暗示方法なので、不安・心配・パニックが襲ってきたら、ぜひ自分に語り掛けてください。

本来の自分を取り戻せます。

大丈夫ですよ!

 

銭湯療法

 

 

銭湯療法は、地元で有名なプロの睡眠学者の方に教えていただきました。

暑い夏でしたが銭湯に行き、体を芯から温めました。

心が狂っていた私は銭湯に行くこと自体不安で、行く途中でなぜか震え出し、帰ろうとしていました(笑)

当時は不安と恐怖に縛られておかしくなっている状態でしたからね(笑)

今じゃあ考えられません(マジ)

それでも1週間に3回は銭湯に行きました。

こうやって、体温の調節機能を鍛えていました。

日中はが~っと体温を上げ、夜眠りにつく時に体温を下げる。

この体温の上げ下げを鍛えることによって、私はずいぶん変わりました。

日中はとにかく体温を高く保たせることが大切なので、飲み物も温かいものにしていました。

水筒にノンカフェインのお茶を入れて仕事に励んでいました。

しばらくしたら、体の調子も良くなり、止まっていた生理も通常通り戻りました。

おそらく深部体温が上がったのでしょう。

そして、いつの間に眠れるようになり、健康な状態に回復していきました。

 

まとめ

 

今回は3つの方法を紹介しました。

座禅、自分への語り掛け、体温の調節、この3つです。

私はこの3つの方法で不眠からの精神破壊を克服できました。

本当に治せたので、今苦しんでいる方にぜひ実践していただきたい。

 

おっと、、追加します(笑)

ここでちょぴっと追加させてください。

鶏肉の話し。

鶏肉もいいんですよ!心身の不調には効果あります。

これは本↓↓で見つけたんですけど、鶏肉は優秀ですよ。

すべての疲労は脳が原因 1 (集英社新書)

 

体全体の疲れにも効きますからね。

私はひたすら鶏肉を食べていました。

コンビニで焼き鳥や唐揚げを買い、〇クド〇ルドでチキンナゲットを食べたり。

 

それとこの本、、この本です!↓↓

 

 

聞くだけで自律神経が整うCDブック

 

この本の中に入っているCDを毎晩聴いていた私。

習慣化して毎晩聴いていました。

「正直本当に効果あるのかなあ?」と疑いをもっていましたが、100%ではないけれど、高い確率で効果はあったんだと思います。

試してもいいんじゃないかと思います。

 

そして最後にコーラです!

コーラを飲むとなぜか精神が安定します。

今でもときたま、眠りの浅い日や寝つきの悪い日がありますが、やはり睡眠不足は仕事に響くので、そんな日は朝からグビーっとコカコーラを飲みます。

0ではない、昔からある赤いパッケージの方を飲みます。

これも心理学者のRさんに教えていただきました。

試す価値はありますよ✨

不眠&プッツンの克服方法については以上です。

 

今回解説したことを毎日実践すれば、不眠&心身の不調はおそらく治ります!

自然に治ります。

そしていつの間にかいつもの自分になっていて、普通の生活をおくっていることでしょう。

大丈夫です。

私は経験者ですので、強く断言できます。

 

もしも分からない点などがございましたら、ぜひ私に連絡してください!

あなたのお役に少しでもたてるかもしれません。

微力ですが、力になれるかもしれません。

ですから、遠慮なさらずに、お問い合わせフォームから連絡してください。

いつでもお待ちしております。

※仕事の縛りが長いのですぐにレスできない場合もありますが、ちゃんとお返事いたしますのでご安心ください。

 

長い記事、最後まで読んでいただきありがとうございます。

そして2018年、1年間ありがとうございました。

2019年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

2019年、あなたにとって素晴らしい1年でありますようお祈りいたします。

私にできることは祈ることです。

この記事を見てくださったあなたに感謝を込めて。

NAVY